スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Michael Duke (sax) "Duo Sax"




「Duo Sax」
 Michael Duke (saxophone), with Jeff Emerich, Michael Lichnovsky, Martin Kay, Anna Duke(sax)
 Saxophone Classics CC4006 (c)2012
 ・Slap Me(B.コッククロフト)
 ・6つのカプリス(P.M.デュボワ)
 ・コンチェルトシュテュック(P.ヒンデミット)
 ・サックスサウンズIII(S.ギャランテ)
 ・少年のデュエット(K.シュトックハウゼン)
 ・アルス(C.ローバ)
 ・ディアロディア(B.マデルナ)
 ・エア(P.スタンホープ)
 ・コントラスティング・イントネーションズ(S.アドラー)
 ・ハニー(M.ケイ)
 ・ベアフット・ダンス(D.ラム)



まだまだ数の少ないサクソフォン・デュオのレパートリーを集めた貴重なアルバム。1曲目のスラップ・ミーがカッコイイ!コッククロフト氏独特の、アップテンポで特殊なタンギングや循環呼吸を駆使したビートの効いたポップな曲を最初に持ってくるのは作戦勝ちでしょう。デュボワ、ヒンデミットなどのデュオ定番曲に加え、ローバ、マデルナといった現代曲を配置したり、さらにオーストラリアの代表的作曲家といっていいスタンホープ(シドニーオリンピックのファンファーレの作曲者)と続き最後にアメリカのハードなデュオを2曲と実に意欲的です。

演奏も安定していて、特におもしろかったのがシュトックハウゼンのデュオ。前半はソプラノの低音部の音色が効果的に使われています。ソプラノ2本の音楽に勢いがあって、思わず引きこまれてしまいます。スタンホープのデュオではゆったりとした音符が立体的に響いておもしろく聴くことができました。

演奏しているのは、オーストラリア生まれのマイケル・デューク氏。メルボルン大学を卒業後インディアナ大学に学び、ユージン・ルソー、トーマス・ワルシュ、ジャン=イヴ・フルモー、アルノ・ボーンカンプにも師事しました。しばらくボストンを中心に活動の後、現在はシドニー大学音楽学部で教鞭をとっています。また、このアルバムのプロデューサはかつてRIAXレーベルでルソー氏他の録音を手がけた磯田秀樹氏となっているのに少々驚きました。磯田氏は現在シドニー大学音楽学部の准教授かつ副学長であり、デューク氏とは同僚の関係にあるようです。

Link: amazon.com
Link: アマゾン
Link: CD Label
Link: Performer's Official Site
  1. 2012/07/30(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1782-a0bd022b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。