スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] 須川 展也(sax) "Saxo-magic"




「Saxo-magic」

 須川 展也(sax), 小柳 美奈子(p)
 Imagine Best Collection IMGN-3002
 2012/5/21-23 稲城市立Iプラザホール
 ・日本民謡による狂詩曲(石川亮太)
 ・「すべてを知っている場所」からの便り~ガーシュウィン・メロディーズ(狭間美帆編)
 ・It's an Unforgettable Moon!(ゴードン&アーレン/狭間美帆編)
 ・L'aphorisme(長生淳)
 ・メリー・ポピンズ・サキソマジック(R.&R.シャーマン/石川亮太)
 ・チャルダッシュ(V.モンティ)
 ・G線上のアリア(J.S.バッハ)



須川氏の新アルバムは、日本民謡、ガーシュウィン、ミュージカルの名曲など、どれもよく知られたメロディを題材にした曲を中心に構成されています。(長生氏の新作は「ラ・フォリア」の主題を使った作品)。須川氏の演奏は、曲のどの箇所でも可能な限り美しく響かせ、メロディの美しさも相まって、一点の濁りもありません。

津軽じょんがら節のメロディからはじまる日本民謡による狂詩曲では、スラップタンギングで三味線の低弦の太いアコースティックな響きを表してていて、目新しい書法ではありませんが、なかなか効果的です。他、日本民謡でありながら和音は和旋法ではなくあくまで西洋音楽の基本和音でほとんどが表現されていて、純然と日本民謡を聴かせるというよりはメロディをパズルのように組み合わせた曲になっています。こういう平易だけど仕掛けがたくさんある曲は、須川氏のどストレートな演奏でこそ聴き映えがしますね。(多分、アマチュアが演奏しても赤面するような結果になりそうな気が。。)ただ、数カ所で使っているベンド(音を瞬間的にずりあげる奏法)はこの曲に本当に必要だったのかちょっと気になりました。

オリジナル作品も興味の惹かれる箇所はありましたが、個人的にはやはりボーナストラック的存在の最後の2曲が気になりました。曲の存在自体が曲芸披露目的のチャルダッシュは独壇場。かなり派手に羽目を外してるように見えつつ、けしてクラシックの枠を踏み外しません。さらに言えば、この外した羽目にきちんとピアノをつけている小柳さんの存在は言わずもがな。一方、G線上のアリアはソプラノ・サクソフォンをヴィヴラートの効かせ目一杯美しく響かせています。繰り返し聴いても、曲や演奏からなにか新しい発見をするというよりも、須川氏と小柳さんの演奏はやっぱりみごとだということを何度も再認識するだけです。こういう演奏が嫌味に聴こえないのは、このコンビならではとしか言いようがないですねぇ。。。

Link: アマゾン
Link: CD Label
Link: Performer's Official Site
  1. 2012/09/25(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1793-a016d054
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。