スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Christian Forshaw (sax) "Songs of Solace"



「Songs of Solace」
 Christian Forshaw(sax), Sanctuary Ensemble
 [Grace Davidson(S), Alexander Mason(org), Rob Farrer(perc), Nigel Short cond. The Sanctuary Voices]
 ・The Traveller(C.フォーシャウ)
 ・Fear No More(C.フォーシャウ)
 ・Life's Strange Waltz(C.フォーシャウ)
 ・Idle Tears(C.フォーシャウ)
 ・Defiled(C.フォーシャウ/メイソン/ファラー)
 ・A Time(C.フォーシャウ)
 ・Fear No More Reprise(C.フォーシャウ)
 ・Anointed(C.フォーシャウ)
 ・The Traveller Reprise(C.フォーシャウ)
 ・Remembrance(C.フォーシャウ)


これはもうクラシカル・サクソフォンのアルバムというよりも、ニューウェーブ(という定義が曖昧な)のアルバム言ったほうがいいのかもしれません。演奏者はフォーシャウ氏とサンクチュアリー・アンサンブルというクレジットになっており、教会音楽を思わせるスピリチュアルな響きが繰り広げられます。ジョン・ハールが自身のバンドで独自の音楽を展開したのと同様といえるかもしれません。

使われてるのは教会風の旋法と短いフレーズが繰り返し奏でられるミニマルの手法が目立ちますが、そんな話はどうでもよくて、音の洪水に身をゆだねるだけで、どこか新しい世界に迷い込んでしまったような、でもとても懐かしいような不思議な響き。サクソフォンを聴くとかクラシック音楽を聴くというよりは、そこに広がる世界観を体感するというほうがふさわしいでしょう。この音楽を聞きながらまぶたを閉じれば、聴き手一人ひとりの心のどこかにある何かを解き放ってくれることと思います。

Link: アマゾン
Link: アマゾン(mp3)
Link: Performer's Official Site
  1. 2012/10/18(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1796-25695f02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。