スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Lutz Koppetsch (saxophone) "Made in Germany"



「Made in Germany」
 Luz Koppetsch(saxophone), Markus Bellheim(piano)
 Spektral SRL-10077
 2007/11 Bayerischer Rundfunk München
 ・ヴィオラ・ソナタ op.11-4(P.ヒンデミット)
 ・ソナタ・ヴレヴィス op.95a~アルト・サクソフォンとピアノのための(B.フンメル)
 ・ソナタ op.26~アルト・サクソフォンとピアノのための(E.ドレッセル)
 ・オーケストラ組曲第2番 op.24~アルト・サクソフォンとピアノのための(H.アイスラー)


コペッツ氏は1978年ドイツのアーヘン生まれのサクソフォン奏者。アルノ・ボーンカンプに師事するためアムステルダム音楽院に通い、その後パリ国立音楽院でクロード・ドゥラングルに、ヴェルサイユ音楽院でヴァンサン・ダヴィッドにも学びました。2004年から2009年までの間、ダニエル・ゴーティエ氏率いるアリアージュ・クィンテットに参加してた他、アンサンブル・モデルン、ヨーロッパ室内管弦楽団などドイツを中心に多くのオーケストラの共演歴があります。現在はヴェルツブルク大学で後進の指導の傍ら、ソロやピアノとのデュオ活動を中心に演奏を続けています。

このアルバムはソロ・アルバム2作目にあたり、ドイツにおける重要なサクソフォンのレパートリを取り上げています。サクソフォンというと歴史的経緯からどうしてもフランスのレパートリーに注目が集まりがちですが、こうしてドイツの作品を聴いてみると古典的な形式や和声法などに基づいた、ある意味とてもクラシックらしいオリジナル作品がきちんと書かれていることがわかります。ヒンデミットは最近日本でも演奏機会が多いですが、その他の作品ももっと取り上げられてよいレパートリーのはず。

演奏は技術的な安定感と端正な歌心がよくバランス取れており、師であるボーンカンプ氏を彷彿とさせるようです。実力は充分感じられるので、今度は小品やコンチェルトなどの演奏も聴いてみたいです。ほんと、最近のドイツの奏者はレベルも志も高い。。


Link: amazon.com(mp3)
Link: アマゾン(mp3)
Link: Performer's Official Site
  1. 2012/11/27(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1801-5d17756b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。