スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[演奏会] クロード・ドビュッシー生誕150周年記念企画コンサート


「クロード・ドビュッシー生誕150周年記念企画コンサート」

 2012/12/21 イベント18:00~ コンサート19:00~
 アクタス ノナカ・アンナホール
 オープニングイベント
  映像と音で巡るドビュッシー《ラプソディ》の世界 (解説 佐藤淳一)
 コンサート1部
  サクソフォンとピアノのためのラプソディ(ドビュッシー)
      ピアノ:佐野 隆哉
   貝沼 拓実 Durand版
   伊藤あさぎ Ries&Erler版 
   大城 正司 Henle版
 コンサート第2部
  ベルガマスク組曲より プレリュード、パスピエ
  弦楽4重奏曲 ト短調 op.10
  (アンコール 小組曲より)
   Soprano Sax:大城正司 Alto Sax:伊藤あさぎ Tenor Sax:貝沼拓実 Baritone Sax:佐藤淳一


演奏内容についてはすでに ThunderさんSaxofanさんKuri-saxoさん書かれており、私が足すことはほとんどありません。版の違いもさることながら、それぞれの版が演奏者3人にベストに割り振られ、貝沼さん・伊藤さん・大城さんの長所が最大限発揮されている点が印象に残りました。

大作曲家によるレパートリーの乏しいサクソフォンにとって、ドビュッシーという作曲家は「ラプソディ」という曲を遺しているという点で重要な位置づけにあるわけですが、曲の成立背景や異版の存在(とその選択の必然性)を意識されてる演奏になかなか出会いません。常々クラシックにおけるサクソフォンの演奏に際して私がとても気になっているのは、きちんとした歴史考証やレパートリーの検証という行為が(ようやくなされるようになりつつあるとはいえ)まだまだ不十分ではないか、ということ。今回の佐藤淳一"博士"によるこの企画は、ドビュッシーのラプソディについての様々な知られて来なかった事実の提示ということにとどまらず、クラシックのサクソフォンのレパートリーにおける考証に一石を投じられました。

と同時に、この企画を成し得たのは佐藤さんの人柄によるところが大きいかと。佐藤さん、演奏者の皆様、本当にお疲れ様でした(特にピアノの佐野さん、、一つの演奏会で同曲異版を3つ弾き分ける、なんて滅多にあることじゃないはず)。もちろん聴き手としても満たされた演奏会であったことは言うまでもありません。
  1. 2012/12/30(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1806-c338c535
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。