スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Rascher Saxophone Quartet "In Memoriam Pehr Henrik Nordgren"



「In Memoriam Pehr Henrik Nordgren」
 Lapland Chamber Orchestra, Rascher Saxophpone Quartet(#)
 Alba ABCD 322
 2010/8/11-13 Rovaniemi Church
 ・サクソフォン4重奏、弦楽オーケストラとゴングのための協奏曲(P.H.ノルドグレン)#
 ・フラトレス[version A](A.ペルト)
 ・クォトレイン(A.マウッソン)#
 ・ノルドグレン追悼(K.アホ)


フィンランドの作曲家ノルドグレンは、東京藝術大学で作曲を学び日本人女性と結婚した経緯もあり、現代音楽作曲家としては日本でも比較的名前を知られていますが、2008年に病没。ラップランド室内管弦楽団は生前ノルドグレンに作曲を委嘱するも叶わず、没後カレヴィ・アホにノルドグレン追悼の曲を委嘱、それを録音したのがこのアルバム。ノルドグレンの綴りに由来する音列が使われる現代的な作風だけれど、しばしば中断しては進む響きの中に刺さるような悲しさを感じます。エンディングで弦楽器が最弱音で奏でる上昇音形が、ノルドグレンの逝去を示しているのでしょう。

ラッシャーSQは、ノルドグレンとマウッソン作曲の2曲に参加。いずれもラッシャーSQが初演に関わった作品であり、彼ら独特のサウンドとオーケストラとのコントラストが楽しいです。ノルドグレンの協奏曲は単一楽章の作品で、サクソフォン4本の機動力のある響きが随所で効果的に使われています。また、マウッソンの作品はアイスランドの古典叙事詩を題材の一つにしており、民族的な曲が好きな私としてはコンテンポラリーな曲ではあるもののなかなか楽しめました。

のですが、正直に言うとこの2曲よりもアルヴォ・ペルト、先述のアホ作曲の2曲の印象が強すぎて。。アルヴォ・ペルトの代表作の一つでもあるフラトレス、ここでは室内楽バージョンで演奏されていますが、この響きの悲しく美しいことといったら。。この響きに浸り続けたい。。

ラップランド室内管弦楽団は、名前の通りフィンランドのラップランド地方、北極圏に近い北緯66度に位置する人口6万人ほどのロヴァニエミ市に拠点を置いている、ヨーロッパ最北の常設オーケストラ。失礼ながら、こんな小さな街に、これだけ実力のあるオーケストラがあるって素晴らしい。色々大変とは思うけれど、日本もこういう文化をもう少し見習えたらなぁ、とつくづく思います。

Link: アマゾン
Link: CD Label
Link: Performer's Official Site
  1. 2013/01/27(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1810-b9d76d21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。