スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Claude Delangle (saxophone), Christian Lindberg; Swedish Wind Ensemble "La Crèation du Monde"



「La Crèation du Monde」
 Claude Delangle (saxophone), Christian Lindberg; Swedish Wind Ensemble
 BIS 1640
 ・Catch Me If You Can(J.ウィリアムス)
 ・世界の創造(D.ミヨー)
 ・ディヴェルティメント(R.ブトゥリー)
 ・サクソフォン協奏曲(P.クレストン)
 ・Salute the Band(A.エミルッソン)
 ・鮫(A.ピラソラ)

クロード・ドゥラングル氏の新譜は、なんと(トロンボーン吹きとして有名な)クリスチャン・リンドベリ指揮のスウェーデン・ウィンド・アンサンブルとの共演/コンチェルト盤。しかも曲目がジョン・ウィリアムス(あの映画音楽のジョン・ウィリアムスです)、ミヨー(ただしこれはドゥラングル氏のクレジットなし)、ブトゥリー、クレストン、、と魅力的な曲が揃っています。

全体の印象としては、ウィンド・アンサンブルが上手い。ウィンド・アンサンブルの編成はCDには書いてありませんが、ホームページを見ると木管16名・金管12名・パーカッション3名・アレンジャー2名(!)というコンパクトな編成。なるほどこれなら響きがスマート。すでに100年以上の歴史を持つ団体でリンドベリ氏は2005年から常任指揮者に就いているとのことです。この団体のアンサンブル力は、Salute the Band のようなオリジナル曲でも鮮やかに発揮されています。

もちろんドゥラングル氏のソロは万全。ジョン・ウィリアムスの曲でミステリアスな響きを聴かせたかと思えば、ディヴェルティメントではタイトルどおり快活に動きまわり、クレストンではどっしり構えて正面突破。。抜群の安定感です。ちなみにピアソラの編曲は啼鵬氏。某密林様では編曲が「テホ氏」になってる(苦笑)


Link: アマゾン
Link: CD Label
Link: Performer's Official Site(sax)
Link: Performer's Official Site(band)

  1. 2013/03/07(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1814-413b31ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。