スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Dutch Saxophone Quartet "Au Jardin des Bêtes Sauvages"



「Au Jardin des Bêtes Sauvages」
 Dutch Sxeophone Quartet
 BASTA 309171-2
 ・サクソフォン4重奏曲(F.et M.ジャンジャン)
 ・組曲「野獣園」より(P.ヴェローヌ)
 ・愛の歌(I.アルベニス)
 ・子守唄(I.アルベニス)
 ・序奏とスケルツォ(R.クレリス)
 ・抒情的セレナーデ(R.クレリス)
 ・紡ぎ歌(R.クレリス)
 ・キャラバン(R.クレリス)
 ・かくれんぼ(R.クレリス)
 ・半音階ワルツ(P.ヴェローヌ)
 ・アンダルシアの騎士(P.ヴェローヌ)


ジャンジャン、アルベニス、クレリス、ヴェローヌといえば、サクソフォン4重奏曲の定番曲。輝くような和音やサクソフォンの特性をフルに発揮した抒情的な響き、そしてめまぐるしいパッセージ、、そういったサクソフォンの魅力を、オランダ・サクソフォン4重奏団はたっぷり引き出しています。繊細なニュアンスならばもっと若手の奏者たちの方が器用に表現できると思いますが、こういう雰囲気からまずプレゼンテーションしちゃったほうがよく伝わる曲は、ベテランの彼らの独壇場ですね。

"イルカ"が有名なヴェローヌの野獣園は、8曲全曲の演奏。あらためて聴くと、ちょこちょこぴょんぴょん歩くペンギン、低音の動きが楽しいカバなど、ユーモアたっぷりに動物たちの様子を表現されてますね。日本でも全曲演奏の実演がもっと増えるといいなぁ。

ブックレットもちょっとお茶目で楽しい。こういうノリの演奏やCDって、最近ちょっと少ないなと思ってたところで、いろいろな意味で個人的にツボな1枚でした。


Link: アマゾン(mp3)
Link: Performer's Official Site
  1. 2013/03/25(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1818-a6d91a72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。