スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] サクソフォーン・カルテット・アテナ "水晶の籠"


「水晶の籠」
 サクソフォーン・カルテット・アテナ
 Meister Music MM-2148
 2013/2/25-6 横須賀ベイサイド・ポケット
 ・3つのソナタ(D.スカルラッティ)
 ・物語より(J.イベール)
 ・サクソフォン4重奏曲(I.ゴトコフスキー)
 ・イタリアーナ~リュートのための古風な舞曲とアリアより(O.レスピーギ)


塩安真衣子・江川良子・冨岡祐子・平賀美樹各氏それぞれソリストの腕もたつ女性奏者4名により2009年結成されたアンサンブル。既にリサイタルも好評を博しているようです。しかし、このジャケット、、今までリサイタルで拝見した皆様の雰囲気とちょっと違うような、、、いえ、実際に演奏されている姿は、なんというかもっともっととてもカッコイイ女性たちなのです-そう、彼女たちの印象は「カッコイイ」ですね。。

ファーストアルバムの選曲は、アンコール的に置かれた最後のレスピーギを除いてフレンチ・アカデミーの系譜に則ったレパートリーが時代順に配置されています。これはメンバーのうち3名が渡仏経験があることも影響しているのかもしれません。スカルラッティは同年代の男性サクソフォンカルテットQuatuor Bとほぼ同じタイミングでの録音となったのは偶然か。。アテナの演奏は瞬発的なひらめきよりも、曲全体の構成感にウェイトをおいた演奏のように聴こえました。それにしても、サクソフォンで演奏しやすいよう移調されたこの編曲を、あえて原曲どおりの調での演奏は大変そうだなぁ。

実質的なメイン曲に配されているのは5楽章約30分を要するゴトコフスキーの4重奏曲。ゴトコフスキー特有の情念的な響きやアクロバティックなフレージング・ユニゾンを強調する演奏が多いけれど、彼女らの演奏からはきちんと曲の起承転結や構成がみえてきます。そういえば作曲者も女性、(あまり"女性"を強調したくはないけれど)この曲を女性奏者のみのカルテットで演奏されるのを聴いたのは初めてかもしれません。

1回聴いてすごい!というより、何度か聴いていくと演奏の緻密さがじわじわと増幅されてきます。実はまだ生の演奏を聴いたことがない(一人ひとりの演奏は何度も聴いてますが^^)のですが、機会があれば行ってみなきゃなぁ。。

Link: アマゾン
Link: CD Label
Link: Performer's Official Site
  1. 2013/04/27(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1824-356f1fef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。