スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Amy Dickson "Dusk and Dawn"


「Dusk and Dawn」
 Amy Dickson (saxophone), Various Artists
 Sony 88725479572 (c)2013
 ・パヴァーヌ(G.フォーレ)
 ・ファリネッリ(M.サジェッセ)
 ・清らかな女神よ~歌劇「ノルマ」より(V.ベルリーニ)
 ・煙が目にしみる(J.カーン)
 ・In the Neihbourhood(T.ワッツ)
 ・ラ・ストラーダ(N.ロータ)
 ・天使のミロンガ(A.ピアソラ)
 ・グラドス・アド・パルナッスム博士~子供の領分より(C.ドビュッシー)
 ・スカイラーク(H.カーマイケル)
 ・彼女の唇に触れて別れなん~ヘンリー5世より(W.ウォルトン)
 ・I Only Have Eyes For You(H.ウォレン)
 ・夜想曲第2番(F.ショパン)



オーストラリア生まれでイギリスで学んだ、エイミー・ディクソン女史がソロをとるアルバムも、Sonyレーベルからこれで3枚目。今回のアルバムはかなりイージーリスニングに寄ったアルバムになっていて、アリア的なものからジャズ寄りの曲まで、よく言えば親しみやすく美しい曲ばかり。オーケストラ伴奏に曲によってドラムが入るというたゴージャスな響きです。ただ、ドビュッシーやショパンなど、サクソフォンで演奏して効果があるのかな?と素朴に気になる曲も含まれています。前アルバムではコンテンポラリーな協奏曲を驚くほど新鮮に吹きこなした彼女のテクニックはあいかわらずで、フラジオ(高音)音域の安定感や音色のコントロールなどは抜群。サクソフォンの音色にうっとりと浸るには悪くありません。

この選曲の中で目を引いたのは、やはり彼女らしさが一番出しやすいと思われるウォルトン。この曲の演奏が一番印象に残りました。うーん、やっぱりもっとコンテンポラリーで彼女らしい演奏が聴きたいな。ぜひそういうCDをプロデュースしていただきたいものです。。


Link: amazon.com
Link: アマゾン
Link: Performer's Official Site


  1. 2013/05/10(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1825-23419713
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。