スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Claude Debussy Musique de Chambre avec Vents


「Claude Debussy Musique de Chambre avec vents」
 Indesens INDE040 (c)2012 
 Eric Aubier(tp), Vincent Lucas(fl), Philippe Berrod(cl), Nicolas Prost(sax), Marie=Pierre Langlamet(hp) etc.
 ・夜想曲より祭~トランペットとピアノバージョン(ドビュッシー)
 ・牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)
 ・クラリネットとピアノのためのラプソディ(ドビュッシー)
 ・シリンクス(ドビュッシー)
 ・フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ(ドビュッシー)
 ・シリンクス~トランペットソロ・バージョン(ドビュッシー)
 ・ラプソディ~サクソフォンとピアノのための(ドビュッシー)
 ・チェロとハープのためのソナタ(ドビュッシー)
 ・神聖な舞曲と世俗的な舞曲(ドビュッシー)



2012年はドビュッシー生誕150年でしたが、意外とメモリアル録音は少なかったのがドビュッシーファンとしては少々残念。その中で数少ない注目盤がこちら。名トランペット奏者エリック・オービエ氏や中堅フルート奏者のヴァンサン・リュカ氏など、フランスの腕っこきたちがドビュッシーの管楽器作品を録音したこのアルバム、最初から最後まで"クール"な響きがします。オリジナル作品ばかりでなく、夜想曲の祭やシリンクスのうねうねとした音符をトランペットでスラスラと吹いてしまうというのもスゴイ。これは単なるトランスクリプションではなく、オリジナルを尊重した新たな音楽といっていいでしょう。

もちろんサクソフォンのためのラプソディも収録。ピアノの高音のキラキラとした響きの中から聴こえてくるのは意外と朴訥な響き。もともとドビュッシーが作曲した当時はまだサクソフォンの神様ことマルセル・ミュールが活躍する前、ヴィヴラート控えめのこんな響きがしていたのではないか、と思ったりして。サクソフォンを演奏しているのは、ニコラ・プロスト氏。

ところで、このCD、ジャケットの曲番表示と実際のトラック番号がズレてます。。日本じゃ考えられない初歩的ミス(いや、意外とこういうのあるんです、海外盤)。つか、CDならいいけど、mp3の単品販売のほうはちゃんと大丈夫なんだろうな、と人ごとながら心配になってしまいます。国内発売されているものは日本語訳ブックレットのほうが正しいので、そちらを見ましょう。あと avec Vent(管楽器の曲)というわりになぜかハープの曲が入ってるあたりもアバウト。いや、これくらいアバウトでもいいですけどね (^^;


Link: アマゾン
Link: アマゾン(mp3)
  1. 2013/05/23(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1826-6d45341a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。