スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Farrell Vernon (saxophone) "Convergence Sopranino Saxophone Across the Centuries"



「Convergence - Sopranino Saxophone Across the Centuries」
 Farrell Vernon (Sopranino saoxphone), Various Artists
 Centeur Records CRC3252
 ・ソナタ ニ長調(P.ロカテッリ)
 ・オーボエ・ソナタ ハ短調 HWV366(G.F.ヘンデル)
 ・無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007 より(J.S.バッハ)
 ・テーマ、変奏とメヌエット(M.ジュリアーニ)
 ・ディヴェルティメント第2番 KV.229-2(W.A.モーツァルト)
 ・シシリエンヌ(G.フォーレ)
 ・花の二重唱~歌劇「ラクメ」より(L.ドリーブ)
 ・春のささやき(C.シンディング)
 ・ヴァルス形式のカプリス(P.ボノー)
 ・6つの墓碑銘より(C.ドビュッシー)
 ・色(M.カヴァルカンテ)


少なくともソプラニーノ・サクソフォンという楽器は一般的でないことは間違いないでしょう。そういう楽器を知ってるという人はおそらくそれなりにディープな管楽器関係に携わってる人でしょうし、ましてや見たことがある人は相当限られ、持ってる人と言えば(以下削除)。アルト・サクソフォンより1オクターヴ、ソプラノ・サクソフォンより半オクターブ高い音域の楽器で、音色は輝かしく、高音ゆえ音程をキープするのが難しい、ということから、なかなか檜舞台では見かけない楽器といって差し支えないでしょう。

インディアナ大学-パデュー大学フォートウェイン校の助教授であるファレル・ヴァーノン氏は、そんな先入観を打ち破る見事な演奏を聴かせてくれます。先にCentaurレーベルからリリースされたアルバムはコンテンポラリーな曲が中心でしたが、こちらはサブタイトルに「Across the Century」と謳っているとおり、18世紀初頭のロカテッリの作品に始まり、新しいものは20世紀のボノーまで、ソナタや変奏曲、歌曲とクラシカルな響きのする曲を演奏しています。もちろん音色はソプラニーノらしい響きですが、けしてキンキンと耳を刺激することなく、きちんと「音楽」を聴かせてくれます。

曲によって、ギターや打楽器との共演だったり、サクソフォンのアンサンブルだったりと様々な組み合わせで、最後まで聴き手を飽きさせません。楽器の特性ゆえか早いタンギングはちょっとハードルが高いようで、唯一といっていいサクソフォンのオリジナル曲(ただし本来はアルト)であるボノーのカプリスはちょっと苦しいかな。でも、ソプラニーノ・サクソフォンの妙技を楽しみ、その可能性を探るには欠かせない1枚。

Link: アマゾン
Link: アマゾン
  1. 2013/06/27(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1831-1f6443dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。