スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] D'Indy: Orchestral Works Volume 3



「D'Indy: Orchestral Works Volume 3」
 Rumon Gamba, Iceland Symphony Orchestra
 Chandos CHAN 10585
 ・交響的変奏曲「イスタール」op.42(V.ダンディ)
 ・サクソフォンと管弦楽のための「コラール・ヴァリエ」op.55(V.ダンディ)
    /w Sigurður Flosason (saxophone)
 ・交響曲第3番「ガリア戦争の小交響曲」op.70(V.ダンディ)
 ・地中海二部作 op.87(V.ダンディ)



ヴァンサン・ダンディ(1851-1931)は、フランスの作曲家の中でもけしてメジャーな存在ではないと言わざるを得ないでしょう。むしろ、教育者としての功労のほうが評価されているフシもあるようにも思えます。かなりコアなクラシック・ファンの方なら「フランスの山人の歌による交響曲」というタイトルくらいは聞いたことがあるかもしれません。が、実際に曲を聴いたという方はほとんどいらっしゃらないのでは。サクソフォン関係者ならば「コラール・ヴァリエ」くらいは耳にしたことがあるかもしれませんがそれ以外の曲は、、という状況ではないでしょうか。いや、人ごとではなく、私自身もほぼそれに近いものがありました。

しかし、このCDを聴く限り、実に"クラシカル"なまっとうな作曲技法で、もっと聴かれるべき作曲家なのでは、と思えます。ガンバ指揮アイスランド交響楽団の演奏/録音がシンフォニックにして繊細、みずみずしさにあふれていることもあって、フランスの曲にありがちなゆるさや曖昧な響きはほとんど感じられません。そこが、もしかしたらフランス音楽好きの嗜好から少しはずれてるのかもしれませんが、それゆえに曲の演奏機会が少ないのであればとてももったいないことです。

とはいえ、気になるのはサクソフォンとオーケストラによるコラール・ヴァリエ。サクソフォンのソロは技巧的なパッセージは皆無、抑制されながら奏でられる響きの美しいこと。

サクソフォンのソロを取るシグルズール・フロサソンは、アイスランドで活動するジャズ・サクソフォン奏者としてはトップクラスの知名度があり、2005年にはリーダーアルバムがアイスランド音楽賞ジャズ・アルバム大賞受賞しています。レイキャビク大学を卒業後、渡米しインディアナ大学でユージン・ルソーに師事、ダニエル・デファイエやラリー・ティールにも学んだという経歴があるくらいで、アイスランド交響楽団や室内合奏団との共演機会も多いようです。この演奏を聴く限り、音色はクラシックとしてはやや独特なものの、音の背景には抑制されながらも歌心にあふれた豊かな音楽性が感じとれます。

Link: アマゾン
Link: CD Label
  1. 2013/09/27(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1841-733c2665
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。