スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] 雲井雅人サックス4重奏団 "マスランカ:ソングス・フォー・ザ・カミング・デイ&生命の奇跡"


「マスランカ:ソングス・フォー・ザ・カミング・デイ&生命の奇跡」
 雲井雅人サックス4重奏団
 ユニバーサルミュージック TYCE-85001
 2013/6/15-17 コピオみよし(埼玉県)
 ・ソングス・フォー・ザ・カミング・デイ-来たるべき日への歌-(D.マスランカ)
 ・生命の奇跡(村松崇継/浅利真編)[ボーナストラック]



ついにユニバーサルミュージックという最メジャーなレーベルからのリリースとなったアルバム。しかもマスランカ氏への委嘱作品、それにボーナストラックとして置かれた生命の奇跡の2曲のみ収録という大胆な内容です。

マスランカの曲は全9楽章40分超の大曲で、雲井Qがレシテーション・ブックにつづいて委嘱初演を行なった作品。東北の震災を間接的な形で示唆しているこの曲は、最初から最後まで極めて高い集中力を演奏者に求め、通して演奏するのはかなりの心理的・肉体的な負担がかかります。そして演奏者のみでなく聞き手にも尋常でない集中力を求めます。正直、私は生で全曲を正面から受け止めきれる自信はないのですが、それでも向き合うことができるのは雲井Qの真摯で体当たり的な演奏だからこそ。単に「かっこいい!」というだけの演奏だったら、私は受け入れられません。

とはいえ、最後にほっと一息つきたいとこころ。ボーナストラックとして置かれている、リベラのナンバーから生命の奇跡の美しいこと。前のアルバムでも彼方の光を取り上げていましたが、同じ作曲者・編曲者ということもあり響きはかなり似ています。ボーナストラックと記されていますが、アルバムとしての統一感や完結性を考えたら、この曲以外にあてはまるパズルピースはないでしょう。(そもそもアルバムタイトルに入ってるんだし。。)

Link: アマゾン
Link: CD Label
Link: Performer's Official Site
  1. 2013/10/19(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1844-b6168a05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。