スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Vince Gnojek(sax) "Crossings"



「Crossings」
Vince Gnojek (saxophone), Holly Beneventi Page(piano)[*], Alice Downs(piano)[+]
(No Number) (c)2012
 ・ソティスの輝き(A.クエイト)[*]
 ・オーボエ協奏曲(D.チマローザ)[*]
 ・タンゴ・エチュードより 第3番・第6番(A.ピアソラ)
 ・フルート・ソナタ ト短調 BWV.1020(J.S.バッハ)[+]
 ・前奏曲、カデンツァとフィナーレ(A.デザンクロ)[*]
 ・ブルー・カプリス(V.モロスコ)
 ・コントラダンサ(P.デ=リヴェラ)[*]



カンザス大学で教鞭を執るノエク氏は、ハーヴェイ・ピッテル・サクソフォン4重奏団のメンバーでもあり、またカンザス大学ジャズ・オーケストラとモントルー・ジャズ・フェスティバルを含むヨーロッパ・ツアーを行なうなど、クラシックからジャズまで幅広く演奏活動を行なっているとのこと。この録音の他、カンザス大学ウィンド・アンサンブルとの共演によるジョン・マッキーの協奏曲の録音がNaxosレーベルよりリリースされています。

このアルバムは、古典から現代曲、ポップスの要素を取り込んだ曲まで、バラエティに富んだ選曲が魅力的。
技術的にはやや苦しい箇所もあったり、またデザンクロの演奏は(サクソフォン関係者にとって)聴き慣れているフレージングや間のとり方と随分違うところがあって戸惑うかもしれません。でも、たとえばチマローザの協奏曲からは情感豊かな歌が伝わってくるし、バッハ然り。禁欲的なクラシックの演奏ではなく、ノエク氏なりに一旦噛み砕き再構築した歌が聞こえてきます。こういう演奏を聴くと「こうでなくてはならない演奏」ってもしかしたら幻想なのかも、なんて思えてきたりします。

無伴奏曲であるブルーカプリスでは、込められている様々な非クラシック的な要素-ジャズからロック、ポップス、ブルースなど-をていねいに前面に出してきてるのもおもしろい。パキート・デリヴェラの小品で愛らしく終わるのも素敵です。

Link: CD Label(CD Baby)
Link: Performer's Official Site
  1. 2013/10/26(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1845-3fa9661c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。