スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] 有村 純親(sax) "トロイメライ"



「トロイメライ」
 有村 純親(sax)/松浦 真沙(p)
 Fontec FOCD9600
 2013/5/8-10 コピスみよし(埼玉県)
 ・ソナタ op.120-2(J.ブラームス)
 ・幻想小曲集 op.73(F.シューマン)
 ・サクソフォンとピアノのためのソナタ(P.ヒンデミット)
 ・ソナタ(C.フランク)
 ・トロイメライ(F.シューマン)



あるときは昭和音大や洗足音大、尚美の講師として、あるときは Quatuor B や サクサコール のメンバーとして、そしてあるときはマルゴー君として(謎)活躍中の有村氏のセカンドアルバム。ファーストアルバム「ロマンス」では、この手のアルバムとしてはやや異例のブラームス、シューマンというドイツロマン派を中心とした選曲を堂々と演奏されていて、クラシカル・サクソフォンの可能性を感じさせる内容でした(以前のブログ記事はこちら)。2作目はもっと違う方面の曲を取り上げてくるかな、と思っていたら、再びブラームスとシューマンとは意外です。

今アルバムではシューマンとヒンデミットがテナーで、ブラームスとフランクがアルトでの演奏。ヒンデミットは没後50年を意識されたのかはわからないけれど、一般的にはアルト・サクソフォンで演奏されるこの曲をテナーで演奏しているあたりにこだわりがありそうです。飄々としたメロディがテナーで演奏されると、表情に深みが一層増しますね。もちろんメインのフランクのソナタも渾身の演奏ですが、必要以上に力むことなく、4楽章をきちんと見通した風通しのよい演奏。このきちんと見通した演奏って、サクソフォンの演奏を聴いていると意外と出会わなかったりするんですよね。

トロイメライの演奏はステキなんですが、アンコール的に置かれた曲をアルバムタイトルにしちゃうのはちょっと、、まあそういうのもありかな。。

音楽雑誌等で活躍されている那須田務氏が曲目解説を書かれているのも印象的。洗足音大つながりで依頼されたのか、FONTECレーベルらしいと思ったりするけれど、文章は幅広い音楽知識に裏打ちされていて、クラシックの曲目解説はかくあるべし、と言いたくなります。特にブラームスでの指摘は興味深いです(これは読んでのお楽しみ)。

Link: アマゾン
  1. 2013/11/28(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1848-4c982465
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。