スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

カラヤンの「展覧会の絵」

Thunderさんのblogでも紹介されていた
カラヤン指揮の「展覧会の絵」を鑑賞しました。
もちろん、目的はデファイエのサクソフォンのソロ。

karajan_mussorgsky.jpg


カラヤンの指揮のベルリン・フィルは、一部別撮りと
思われる画像も多く、管楽器奏者は指以外ほとんど
静止状態で演奏されていて、ある意味不気味です。

デファイエの、ブランデーのような濃厚な芳香漂う音色は
BPOの重厚で華麗な響きとみごとに調和しています。
一時代を築いたコンビの映像は、クラシカル・サクソフォンの
ファンは一見/聴の価値があるでしょう。
  1. 2005/07/16(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/238-300603f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。