スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

カプースチンのサクソフォン曲

数年前から一部マニアで人気の高いロシアのコンポーザ/ピアニスト
カプースチンの曲を聴いています。

このアルバムには、2曲のピアノソナタのほか
チェロとアルト・サクソフォンの2重奏曲なんていう
オモシロイ曲が録音されています。

以前は別レーベルで出ていたのですが、どうも
流行りものに飛びつくのは、と斜に構えてたら
廃盤になってしまいました<馬鹿
ようやく別レーベルからリリースされたのをゲットです。




うむうむ。これはジャズだな。ほとんど。
これはマニアうけするのも納得です。
ジャズそのものではないですが、これだけ肯定的かつ大胆に
ジャズをとりいれた曲はなかなかないんじゃないでしょうか。

いろいろな意味で賛否両論あるでしょうけど
私はこれはこれでおもしろく聴きました。
キース・ジャレットあたりに抵抗のない方にオススメです。

サクソフォンを吹いているヴォルコフについては詳しいことは
わかりませんが、他にも現代音楽の録音があるようです。

ちなみにカプースチンは他にもサクソフォンを含んだ曲を書いていて
なんとオケとの協奏曲もあるようです。おもしろそうですね。
すごいウケそう。誰か、日本で演奏してくれないかなぁ。
  1. 2005/09/16(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/299-fa0047a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。