スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

スペインのサクソフォン

クラシカル・サクソフォン関係、新譜ラッシュです。
先日の波多江氏、雲井Qに続いて、栃尾氏のバリトン・アルバムも
リリースされています。後2者、オーダするもまだ手元とどかず。



さて、本題ですが、気になる作曲家の一人、ペドロ・イトゥラルデ。
リーダーアルバムも発表しているジャズ・サクソフォン奏者ですが
作曲も手がけていて、小さなチャルダッシュ、ギリシャ組曲などは
クラシカル・サクソフォン吹きにもわりと知られているレパートリです。

スペインの奏者がイトゥラルデの作品をまとめて録音したのは
数年前から知っていたのですが、なかなか入手できませんでした。





ようやく入手したこのCD、音はあまりよくありませんが
曲の楽しさは伝わってきます。楽譜を買ってみようかな。

演奏しているのはホアキン・フランコ氏。カナダのコングレスにも
参加していたようです。イトゥラルデとデファイエに師事したようですが
バイオグラフィがスペイン語でよくわかりません(爆

もう1枚、フランコ氏の演奏で、ミュールによる編曲小品集も入手。
小品のあとに、大御所デファイエ氏、イトゥラルデ氏らとフランコ氏の
共演による演奏
があり、これが音楽の流れの太い
豪快な演奏で楽しめました。詳細は後日私のサイトにて。
  1. 2005/10/03(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

コメント

聴いたコトはないのですが…

バリサクの栃尾さんの音楽は聴いてみたいと思っています!
私のお師匠様がご推薦してくださった方なのです♪
  1. 2005/10/12 11:17:52 (水) |
  2. a25 #YhnG28Mo
  3. 編集 ]

ようやく入手しました

はじめまして(ですよね!?>a25さん
今、栃尾氏のCDを聴いています。バリトン吹きとしては、派手ではありませんが、栃尾氏のバリトン・サクソフォンに対する真摯な偏愛を感じることができて、なんとも幸せな気分です。
波多江氏、雲井Q、栃尾氏、と次々必聴のアルバムが続いて、うれしい悲鳴です。
  1. 2005/10/13 01:09:24 (木) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/313-22ddc8f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。