スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

チェコ・フィルのオネゲル

このところ、なんとなく真剣に?音楽を聴くことができず
クラシックから遠ざかり気味だったのですが
久しぶりにこのCDを引っ張り出してきました。




本当は、オネゲルは苦手なんです。
フランス6人組の1人だけど、スイス生まれ。
交響曲はちょっとシリアス。ドイツのオケが
ガチガチに演奏しちゃうと聴き疲れするし
フランスのオケが華やかに演奏するのもちょっと、ね。

ボド指揮のチェコ・フィルによる演奏は、軽すぎず重すぎず
スマートだけど筋肉質、といったかんじでしょうか。
オネゲルの曲に内在する躍動感が、水を得た魚のように
活き活きと響いてきます。

久しぶりに、チェコ・フィルの演奏をいくつか聴いてみようかな。
  1. 2005/11/11(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

コメント

どうもお久しぶりです!
私はオネゲルの交響曲を聴いたことないんですけど、曲に内在する躍動感…というのはなんとなくイメージできます。

このCD…
確かお得な値段で再発売されてましたよね。
ジャケット写真見てたら欲しくなってきました(笑)
  1. 2005/11/13 01:24:02 (日) |
  2. sumito96 #-
  3. 編集 ]

廉くなってます

sumito96さん、お久しぶりです、、、ってごめんなさい、HNとお名前が一致しないです(失礼
そうなんです、2枚組なのに千円台半ば。しかも、私はそれを中古で買ったので、千円しなかったんです。これだけ安いと、新譜を買うのがばかばかしくなってしまいますが、買わないとその先この業界ますます危なくなったりして、、とつい心配してしまいます。
  1. 2005/11/14 12:39:44 (月) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/358-e00c6f8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。