スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

25枚目のシベリウス7番

最近は、オケが自主制作やそれに近い規模のCDを
積極的にリリースしてますね。

先日、ロンドン交響楽団の自主制作盤について
書きましたが、こちらはロンドン・フィルのSACDです。
ベルリンド(ベルグルンド)指揮のシベリウス2&7番。

ベルリンドのシベリウスは、ボーンマス響、ヘルシンキ・フィル、
ヨーロッパ室内管の全集を持ってますが、
ロンドンのオケとくれば買いでしょう。

LPOSibelius.jpg


素朴さや透明感は北欧のオケに軍配が上がりますが
オケ全体の有機的な一体感や底力は、LPO、さすがです。
ライヴとはいえ、気になるミスもほとんどありません。

ちなみに、2番のCDは、これで手持ち39枚目です(猛爆
先に書いたLPOの美点、シベ2の相性、よいようですね。
好みとしては、かなり上位に入る演奏です。
7番は、やはりヘルシンキ・フィルの演奏のほうが好きだなぁ。
  1. 2005/11/22(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/369-ea8ea704
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。