スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

フーガの技法

ふう、自分のサイトの更新が1ヶ月もあいてしまいました。
サボっていたわけではないんですが、バッハの
「フーガの技法」についてどうコメントするべきか
非常に悩んだ1ヶ月だった、と言い訳。

で、この1時間もかかる曲のCDを、あらためて
数種類取り出して聴き比べたりしてました。

今回のオーレリアSQによる録音はもちろんすばらしいのですが、
ニュー・センチュリーSQの演奏も興味深く聴きました。



オーレリアSQはどちらかといえば感覚的でアンサンブル重視、
ニュー・センチュリーSQはややドライで音の水平方向重視。
なんというか、やっぱり言葉で表せない~。

どちらも、違った表現手段をとっていますが、
真面目に、しかし楽しく(演奏者にとっても聴き手にとっても)
音楽にアプローチしているという姿勢は変わりはありません。


ああ、まだ紹介すべきCDがたまっている、、
  1. 2006/01/18(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/429-67fbfddd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。