スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Otis Murphy氏の新譜"Fantasy"

ルソー氏の後任としてインディアナ大学でサクソフォンの教鞭をとる
オティス・マーフィー氏の新譜「Fantasy」が届きました。

ご覧のとおり、ほのぼのとしたジャケットがまず印象的です。





ピアノのハルコ夫人と繰り広げる音の世界は、
マーフィー氏の人柄が反映された、落ち着いたやわらかい音楽。

メインにすえられた、演奏時間に30分を要し
技術的・体力的・精神的すべてにタフな
マズランカサクソフォンソナタでさえ
マーフィー氏の演奏は必要以上に声を荒げず
けして威圧的になることはありません。

他に、カルメン幻想曲、白鳥、トマジのバラード、
ボザのアリアなどが収録されていますが、
一番最後の、いわばアンコールの位置に配されている
浜辺の歌が、小細工のない、子守唄のように優しく聴こえます。

フランス風の華やかさとはまた違った(マーフィー氏は
フランスでも学んでいますが)ゆっくり落ち着いて
聴くことのできる、すばらしいアルバムです。
  1. 2006/09/01(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/650-0336ea75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。