スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

サクソフォン、バスーンとピアノ

アメリカで活動する注目のクラシカル・サクソフォン奏者
ケネス・チェ氏の新譜"Pas de Trois"が届きました。

昨年Lyric Sopranoというすばらしいアルバムを聴いて
あらためてチェ氏のサクソフォンのすばらしさに感動したのですが
今回は、なんとサクソフォンバスーンピアノという
変則的な3重奏による録音。期待が高まります。



どの曲も、いかにも20世紀後半の曲。
もちろん初めて聴く曲ばかりで、つい身構えてしまいますが、

チェ氏のすばらしい音色につい耳を奪われ、
気がつけば曲を一生懸命聴いている自分に気づきます。
チェ氏、ずるいです。(笑
チェ氏のマジックにはまりつつありますね。

演奏している3名とも全員アイオワ大学の同僚というせいか
とても息の合った、よく練られたアンサンブルです。

サクソフォンを含む現代的な室内楽を聴き始めるのに
好適なアルバムです。
  1. 2006/10/02(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/676-998df519
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。