スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

(コ)ミッション・インポッシブル

アメリカより、恐るべき(笑 サクソフォン4重奏のCDが届きました。

ケンタッキー大学で教鞭をとるマイルス・オスランド氏率いる
オスランドSQと、UKメガサックスQのアルバムです。

まずは、ジャケをみてください。
いつもより大きい画像にしちゃいます。
アルバムタイトルはCommission: Impossibleです。




見事なパクリのタイトルにまず笑えますが、
ジャケも相当笑えます。オスランド氏は宙に
浮いてますし、キーを持つ女性、居眠りする男性、、

小さくて見えませんが、右下のカセットテープの脇に
"This CD will self-destruct in..."
なんて文字が入ってたりして、芸が細かい。
え、CDじゃなくて写真はテープじゃん、、
なんて突っ込みは却下(笑

CDは2枚組で、オスランドSQが委嘱した作品が集められてますが
どれもジャズ(やポップス)の要素が強い楽しい曲ばかり。
マウアーのサクソフォン協奏曲なんて曲まであります。
これ、伴奏の吹奏楽は限りなくビッグバンド・ジャズの書法です。

もちろん、演奏はどの曲のノリノリ(死語)演奏。
楽譜の出版元も明記されているので、
そのうち楽譜を買ってみようかなぁ。


もう一枚、こちらはUKメガサックスQの
Full English Mower
私、このアルバムタイトルにも爆笑しました。




マイク・マウアーの曲ばかりで、まるまるCD1枚。
過去のアルバムからの再編集がほとんどですが、
どの曲もアドリブ全開でカッコイイです。
というより、聴いていてア然。すごすぎ。
日本でもこんな演奏を聞きたい。。

マウアーが作曲したFull English Breakfastという曲
(で、かつ以前のアルバムのタイトル)にちなんで
イギリス風の朝食風景の写真と、
UK(イギリス連邦ではなくケンタッキー大学!)にちなんで
競馬の写真のという、これまたベタなジャケです。

目玉焼きはちゃんと2個だし、ヴィネガーにケチャップまで
用意されてた、Full English Breakfastですね。
って、こんなところに感心してどうする(笑

こんなおちゃめなジャケット、絶対日本じゃありえないですね。
  1. 2006/10/27(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

コメント

ぎゃはははははははは☆

○ル○ェールあたりでこーいうジャケやってくれないかなあ。
あ、そういえば「変な装束」で撮ったジャケあったな・・・。
  1. 2006/10/28 09:42:17 (土) |
  2. 銀次。@専業主婦 #E2ywrYdA
  3. 編集 ]

惑星のジャケ

は、まだ吹っ切れてない「テレ」を感じるのですよ。
この団体、前の Kentuckey Roast Up というアルバムでは
サックスをバーベキュー網で焼いてましたし、
さらに Land of Ephesus では、銀色に光り輝く
銅像になってました。
日本でも本気でバカやってくれる団体がないものでしょうか。。
  1. 2006/10/31 00:09:21 (火) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/707-49d26eee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。