スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ブリッジのチェロ協奏曲(Coconuts Diskにて)

昨日は江古田でライヴだったわけですが、
江古田に来るとかならず立ち寄るのが
小さいけど個性的なCDショップ、Coconuts Disk
下北沢や吉祥寺にも支店があるようです。

ちなみに、このへん。



ひととおりのジャンルを取り扱っていますが
どのジャンルもなかなか個性的な品揃えです。
クラシックは、量は多くないですが、
思わずうなってしまうようなCDが並んでいます。

今回は、フランク・ブリッジとブラックウッドの
チェロソナタのCDを購入。いずれも世界初録音とのこと。
ブリッジといえばブリテンのお師匠さんだけど
1933年生まれのブラックウッドとは何者?

レーベルの「Cedille Records」というのも初耳ですし、、、
まじめなんだかそうじゃないんだかわからないジャケも
インパクト強し。



帰宅途中、早速車で聴いてみると、なるほど、
ブリッジソナタは地味ですが、繊細でな雰囲気を
漂わせつつ、イギリスの作曲家らしい節度のある曲は
なかなかチャーミングです。これは気に入りました。

ブラックウッドは、聴いてみるとまったく現代的でなくて
時代をイ150年ほど遡ってシューベルトやシューマンあたりに
近いメロディ主体のロマン派の音楽。
4楽章で42分という長大な曲ですが
これはこれでなかなかおもしろく聴き通しました。

こんなCDが置いてあるとは、、ココナッツ・レコード
恐るべし。もちろんクラシック以外のジャンルのCDも
要注目盤ばかりです。ネットショップ全盛のご時世ですが
こういった小さいけれど存在感をアピールしている
ローカルなCDショップもがんばってほしいものです。
  1. 2006/10/30(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/710-57fc47e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。