スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

これはアツい!

ようやく本日より 社会 会社復帰。

ここ数日は珍しく家でごろごろしている時間が多かったので
買ったまま見ていなかった本やDVDを見てました。

その中から、ラテンがらみで楽しめたのが、
マンボ・キングス わが心のマリア」
1992年の映画のDVDです。



オリコンによれば

キューバからミュージシャンを夢見てアメリカにやってきた二人の兄弟が、アメリカン・ドリームを実現しつつも過去の想いにより苦悩する

とのこと、正直なところストーリーはやや陳腐ですが
ラテン男の伊達さや色気はたっぷり伝わってきます。
いやいや、見ていてアツいですよ。

印象的なのは、ティト・プエンテが本人役で登場して
華麗なスティックさばきを見せるシーンや、要所要所で
暗示的に出てくるセリア・クルースの圧倒的な歌ですね。
これらを見るだけで、このDVDを買っても損はありません。
  1. 2006/11/27(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

コメント

私も(ビデオですが)見ましたよ!
音楽のシーンがとにかくいいですよね!
最初のティト・プエンテのスティックを奪ってしまうシーンとか、最高です。
  1. 2006/11/28 10:20:50 (火) |
  2. yuquilah #-
  3. 編集 ]

そうそう、ティト・プエンテの出番を喰っちゃうんですよね(笑
他にも、さりげなくBGMにサルサの名曲が流れていたりして、素敵です!
  1. 2006/11/29 00:11:31 (水) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/737-bfa51ff1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。