スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

生誕100周年

いきなり本題から外れますが、
ディスコ・キッド30周年企画 第1弾ディスコ・キッド バラエティVol.2」
というCDがリリースされるそうで。。
本人編のビッグバンドバージョンや弦4編、
ピアノ連弾編、フルートアンサンブル編などがあるらしい。。
聴いてみたい。。


本題。生誕100周年といえばショスタコーヴィチですが、
ショスタコーヴィチに関する秀逸なサイトを運営されている
工藤庸介さんが書かれた「ショスタコーヴィチ全作品解読」を買いました。



著者の工藤さんとは、以前あるMLでメールのやりとりを
したことがあり、その中で「ショスタコーヴィチの5番は
A.ヤンソンスの演奏がすばらしい/個人的には一番好き」
という点が一致したのをよく覚えています。

この演奏、オケはレニングラード・フィルで、ライヴ演奏で
技術的には相当破綻していますが、同時期のムラヴィンスキーの
演奏と比べて音楽に躍動感があって、手持ちの同曲のCDの
中では一番好きな演奏です。マイナーなこの録音が、
今回のこの本の中にも紹介されているのが嬉しいですね。

曲目の解説は、工藤さんのショスタコーヴィチへの偏愛がにじみ出た労作。
タイトルどおり、全曲目について詳細に記載されています。
お薦めの録音もかなりロシア系の演奏に偏っていますが
参考として手元に置いておくにも好適な1冊です。
  1. 2006/12/06(水) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:4

コメント

やあ、この本、立ち読みだけですませてました。しかも本当に全部解説してるんだろうな、といぢわるな見方をして”March of Soviet Police"を探したりして:-p ちゃんとロジェヴェンのCDのことが書いてありました:-)
 で、タコ5といえば、ムラヴィンの東京ライブの最後のティンパニが最高に笑えますね。昔LDで出てたライブはその突き刺さるような眼光が魅力で今も時々みることがあります(さすがにDVD-Rに落とした)
  1. 2006/12/07 18:06:49 (木) |
  2. Rにみにみ #amXlFcx2
  3. 編集 ]

さすがにメジャーな曲はともかく、あまりにマイナーな曲まで全部書かれていて、嬉しい反面そこまでしっかり読む気はあまりなかったりします(苦笑 でも、敬意を表して買ってしまったわけです。。
ムラヴィンの東京ライヴは、CDは持ってるんですが、LDが出てたんですか。観てみたいかも。
  1. 2006/12/07 21:13:09 (木) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

「敬意を表する」のは大切なことですねえ。私もよくあります:-)で、ムラヴィンスキーのLDはむかしのレニングラード劇場のやつですね。いまはDVDの廉価版で出ているみたい。
  1. 2006/12/08 07:34:42 (金) |
  2. Rにみにみ #amXlFcx2
  3. 編集 ]

あ、敬意、といっても今回は他意はないです、ハイ。
レニングラード劇場のDVD、、物欲に火が。。。(爆
  1. 2006/12/09 01:40:00 (土) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/746-449cb140
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。