スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Julien Petit 氏 新譜2枚

フランスの若手サクソフォン奏者ジュリアン・プティ氏の
新譜を2枚入手しました。

まず、Quatuor de saxophones Carré Mêlé として
4重奏曲を集めたアルバム。

petit4.jpg

フランスのいわゆる伝統的なレパートリーでもなく
かといってトンがった響きがするわけでもなく、
ニューエイジとでもいえばいいのか、不思議な音楽です。


もう1枚はクレツマー・トリオのクレジットで、
アコーディオンやチェロ、ピアノなどの楽器とともに
色彩豊かな演奏を繰り広げるアルバム。



思わず踊りだしたくなっちゃうようなドキドキする音楽。
もちろん演奏に破綻は全くなく、若手奏者たちの名人芸を
心ゆくまで楽しむこともできます。

プティ氏は、ソロアルバムでは比較的トラディショナルな演奏を展開し
シュトックハウゼンの作品集では前衛を噛み砕いて表現し
トリオによるアルバムでは室内楽の愉しさを感じさせてくれました。

今回の2枚に共通するのは、既存のクラシカル・サクソフォンという
呪縛からの脱却、あるいはジャンルという言葉を超越したパフォーマンス。
しかし、けしてそれらは遠いところにあるのではなく、
実は身近にあるんだよ、ということを感じたアルバムでした。
  1. 2007/05/06(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/886-2f526a70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。