スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

イタリア映画


うう、本当は雲井さんのカルテットのリサイタルを聴きに行くはずだったのに(涙

さて、立て続けにサクソフォンのCDの紹介でスミマセン。
イタリアで最も知名度の高いクラシカル・サクソフォン奏者
フェデリコ・モンデルチ氏の新譜がようやく届きました。

タイトルは"Favorite Italian Movie Music"。
オルベリアン指揮モスクワ室内管弦楽団との共演で
Delosレーベルからのリリースです。

モリコーネのザ・ミッション、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ、ニュー・シネマ・パラダイス、
ニノ・ロータのパッサレラ(8 1/2)、アマルコルド、甘い生活
など、懐かしい曲がそろっています。

(画像は後ほど とりあえずアマゾンへのリンク)

モンデルチ氏は、これまでに数枚のアルバムをリリースしており
その中には小澤征爾氏指揮によるドビュッシーのラプソディや
BBCをバックに吉松隆氏のサイバーバード協奏曲の演奏なども
含まれています(いずれも未聴)。

今回は、以前のピアソラ・アルバムと同じ組み合わせ&レーベル。
予想どおりの、メロディを聴かせる美しいアルバムです。
クラシックというよりイージーリスニングに近く、BGMにもよいかも。

現時点でなぜかDelosレーベルのサイトに情報なし。

モンデルチ氏の公式ページによれば、
この先、イタリアサクソフォン・オーケストラをバックに
リゲティ、ライヒ、グラスなどの作品を演奏したアルバム、
またピアノのキャサリン・ストットとの共演による
フランス・アルバムなどが控えているとのこと。

うーむ、まだまだ目が離せませんねぇ<モンデルチ氏
  1. 2007/05/07(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

コメント

この人ですかね?

http://www.youtube.com/watch?v=giCssJ9MyXo
  1. 2007/05/08 08:45:48 (火) |
  2. イカサマ #HfMzn2gY
  3. 編集 ]

ををっ!

そ、そうです。
すごい、まるまるラプソディが聴けるー!
  1. 2007/05/09 00:28:24 (水) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/887-4d247b3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。