スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ミ・ベモルのライヴ盤

昨年11月に大阪のいずみホールで行われた
ミ・ベモル・サクソフォンアンサンブルの
第22回演奏会がCDリリースされました。

曲目は

 ・第1組曲(ホルスト
 ・シンプル・シンフォニー(ブリテン)
 ・シェヘラザード(リムスキー=コルサコフ)

という、なんとも意欲的なプログラムです。

20070605231547.jpg


ミ・ベモルの演奏、22本のサクソフォンがまさに一糸乱れず、
音色は丸く音程のにごりもなく、合奏技術の高さは驚異的です。
テンポ設定も良心的。もちろん個人の演奏技術レベルも相当高く
シェヘラザードの原曲で縦横無尽に活躍する弦楽器の音を
ここまでやるか、とばかりしっかり演奏しています。
ライヴならではの些細な演奏ミスもありますが、
音楽を楽しむ上で全く問題ありません。

管楽合奏の可能性を感じることができるCDとして、
サクソフォン関係者から吹奏楽関係に携わる方に
大いに参考になる演奏としてオススメします。


ただ、私の気持ちのストライクゾーンに入ってきたかというと
ちょっと微妙ですね。どの曲も美しく仕上がっているのですが
その予定調和を崩すほど圧倒的な音楽表現を感じたかったです。

たとえば、ホルストの行進曲ではもっと高揚感を感じたかったし
シェヘラザードの難破のシーンはもっと荒れ狂ってほしかったし
そもそもシェヘラザードはもうちょっとミステリアスのが好きなんです。。
(録音のせいもありますし、私の趣味の問題ですが。。)。

いや、合奏技術がしっかりしてるからこそ感じる高望みです。
裏を返せば、それだけオトナの美しい演奏ということなんでしょう。

うーん、ミ・ベモルが羽目をはずした演奏を聴いてみたいなぁ。。
  1. 2007/06/05(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

コメント

私も楽しみです~

私も注文しました♪

シェヘラザード、やってみたいねぇって旦那といつも言っていたので(でも、まだアレンジはしてなかった)ミベモルの演奏が楽しみで!

カラヤン/ベルリンフィルのシェヘラザードが好みです。
  1. 2007/06/08 00:10:47 (金) |
  2. ♪melissa♪ #mQop/nM.
  3. 編集 ]

>♪melissa♪さん

シェヘラザード、カッコイイですねー!実演の暁には、ぜひご連絡ください。駆けつけたいです。
ミベモルの演奏は、上手すぎて、耳の毒かもしれません。カラヤン盤は豪華絢爛なペルシャの絵巻物を見ているようでいいですね。我が家ではコンドラシン/コンセルトヘボウをよく聴いてます。
  1. 2007/06/08 00:47:33 (金) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/911-e802fe85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。