スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

アルベニス

という作曲家、ご存知ですか?

スペインの作曲家の中ではファリャに次いで知名度が高い
作曲家かもしれません。サクソフォン吹きにとっては、
4重奏のセヴィリャが有名ですね。吹奏楽関係者には、
セヴィリャの聖躰祭とか。
ただ、クラシックの世界での知名度は今ひとつでしょうか。

これまで、アルベニスのピアノ曲は、アリシア・デ・ラローチャの
CDさえ聴いていれば充分満足でした。ラローチャおばさんのピアノは
スペインの雰囲気を大切にしつつ、上品、かつ、
まるで陽炎の幻想のような素敵な音楽でした。


ところが。
最近、すごい録音に出会ってしまいました。




スペインのピアニスト、イストバン・サンチェスの演奏、
Ensayoレーベルの中古品を聴いてノックアウトされてしまいました。
最近廉価盤で Brilliant Classics からアルベニス全集が出てるではありませんか。

肥沃な大地に根ざした、生命の力溢れる演奏といえばいいでしょうか。
たくましいピアノタッチが魅力的です。

アルベニスのピアノ曲、超難曲のイベリアはともかく、
スペイン組曲などは技術的にはそう難しくありません。
実は、私もかつて、あまり難しくなくてウケそうな曲、ということで
全曲弾いてみたことがあります。もっとこの曲がピアノ弾きにとって
気軽に演奏できるレパートリになってほしいな、と思ったりしてます。
  1. 2007/06/28(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:6

コメント

9月の演奏会で・・・

セビリヤとコルドバを演奏するので参考にマグダ・タリアフェロという方のピアノ集(CD)を今まさに聴いているところでした。
イベリアも力強くていい曲ですねー
  1. 2007/07/02 21:45:08 (月) |
  2. ずん #-
  3. 編集 ]

セビリヤとコルドバ

をを、やるんですねー。がんばってください!
マグダ・タリアフェロというピアニスト、名前を初めて聞きました(汗
力強いタッチでしょうか?
  1. 2007/07/03 23:33:17 (火) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

マグダ・タリアフェロ

ジャケットの写真の人がそうなのかなぁ(私もよくは知りません・・・汗)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0007INZR0/250-1110145-5617043
高音はわりと軽快に聞こえますが、低音がいい響きで安定したいいアルバムだと思います(^^)
  1. 2007/07/04 00:16:13 (水) |
  2. ずん #-
  3. 編集 ]

デファイエ

アルベニスのコルトバは、
デファイエ・サクソフォン四重奏団の小品集(レコードですが)にありますね。あの演奏大好きでよく聴きました。
テリーさんのそろが特にアジがあります。
  1. 2007/07/04 00:26:14 (水) |
  2. popo #89zBIK8s
  3. 編集 ]

コルドバ

デファイエのこのレコードは、まだ聴いたことがないのです。聴いてみたいです。
popoさん、また気軽に書き込んでくださいね。
  1. 2007/07/04 23:16:25 (水) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

マグダ・タリアフェロ!

ですね! ちょっと気にして探してみます。
今日、昼休みにサクっとリアルCDショップを物色したのですが、見つかりませんでした。
  1. 2007/07/04 23:17:39 (水) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/930-06fd8b84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。