スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

昆布刈石展望台

黄金の滝から昆布刈石展望台のあたりは、
現在国道工事を行っていて、ダート区間は残り少なくなっています。
工事か完了したら、このあたりは通行できなくなる可能性が高いです。
今回は絶景を目に焼き付けようと期待したのですが、残念ながら霧。

北14昆刈


  1. 2007/08/11(土) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:4

コメント

海霧も名物ですから・・・残念
  1. 2007/08/12 09:41:44 (日) |
  2. onitang #5KTh30no
  3. 編集 ]

そうですね。霧もまた風情、、
次回訪れる時にまたこのあたりに行けるといいのですが。
  1. 2007/08/12 21:02:33 (日) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

初北海道でいってしまいました。

帯広の花火大会がおわったあと、借りてたレンタカーの軽(4WDでこそありましたが)で走って。最初はペルセウスの流星群見るなら海か山かと思いましたが、海からの朝日が見られるかもしれないと、海に走ったのが運のつき。

最初は大津の町。ついたのは1時過ぎだったと思います。ものすごい濃霧とゴーストタウンチックなのに辟易して浦幌に。ナウマン国道も視界15mあるかないか。鹿を2回もひきそうになりました。

駅前にようやく1件みつけたコンビニで一息いれて、ナビに任せて海側に朝日目指してと走りました。しかしここも似たような霧で何も見えません。しかも砂利道。ナビに表示されている「昆布刈石」という「地名がある場所」だけを目指して(笑)。何も知らないとは恐ろしいことですね。帰ってきてからあちこち調べてなんて無謀な・・・と。

展望台の看板が見えたところで、だいたい3時。「もうあかん」と車を止め、エンジンもミニライトもつけっぱで寝ました。なんせライト消したら指先ひとつ見えない暗闇。展望台というからには、このガードレールの向こうは崖なんだろうか・・・などと。

結局朝起きても9時過ぎまではほとんど視界がなく、景色は何も見れませんでした。大津にもどり、長節湖では景観を楽しめましたが。

同じところよりは新しいところ、という性分なのでもう行くこともないかもしれませんが、いい経験でした。

  1. 2007/08/20 02:12:00 (月) |
  2. Prairie #-
  3. 編集 ]

>Prairieさん

それはたいへんな経験をされましたね。
北海道は広い道を走っていても急に未舗装になったりするので、油断できないですね。この時期は濃霧もよく出ますし。ガードレールの向こうは、まさに絶壁でした。無事でよかったですね。
貴重な経験談、ありがとうございました。
  1. 2007/08/20 23:10:01 (月) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/980-f6beeffe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。